/page/2
誰にも石を投げず誰にも石を投げられていない。もちろん、それは特別なことだ。私たちはまたいつか、ほんとうは悪くないことで石を投げられるだろう。不見識のために石を投げることもあるかもしれない。けれどもそのときには今日のことを思い出そうと私は思う。
友だちがいないのか、と彼女はつぶやく。それはいけないねえ。友だちがいないと、自分しか見えないものねえ。自分と、自分っぽい人しか見えない。自分しかいない世界で自分を王さまにするには、景色のなかから邪悪な動物を探して血祭りに上げなくてはいけない。
ねえサヤカ、でも私は彼らと友だちになんかなりたくない、サヤカもそうでしょう。それならどうやって私たちはこのような世界を変えることができるんだろう。

店長 バカめ!ソウルバーに数字は関係ない。レコードの枚数と傷だらけのハート、そして付き出しのピーナッツの数以外はな!

真に平和で生きやすい問題のない世界なんか何処にも無い。つまり、ソウルバーが存在しない世界など、無現行の平行世界を全部集めても原理的には存在しないということだ。

ベーアー 最後何を言ってるのか、よくわかんなかったけど、安心しました。

「神々が作った季節。」 - djapon の 『FEEDBACK DIALY』

「粋な夜電波」第170回放送は、スペシャルウィークに緊急生放送。
人気企画「ソウルBAR〈菊〉」の特別版で、日本語の曲のみをオンエア。

キュートなところと容赦ない怖さが同居しているのがこのバンドの魅力だよなぁと思ってたんだけど、
「かわいさ」は残んなくてももう良いか、と吹っ切れたような、ド真ん中剛速球なアルバム。
打ちのめされた。
音楽的には依然ポップなフォークだけど、俺の頭ん中ではRage Against The Machineとかの近くの棚に置いてある。

かなしいうわさ

ハンバートハンバート/むかしぼくはみじめだった

thekimonogallery:

They’re not teenagers, mutants, ninjas, or turtles, but if you’re looking for the real masters of the bo, sai, katana or nunchaku you need to get on the first flight to Okinawa.  

Hokama sensei with bo

Tomimoto sensei with sai

Hamamoto sensei with katana

Kuniyoshi sensei with nunchaku

Okinawa is the birthplace of karate. It is also the home of kobudo which uses weapons including the bo staff, nunchaku and sai. Hamamoto is a master of iaido.

Images are from the Karate Masters Portrait Project documenting the iconic sensei of Okinawa.  February, 2013, Japan. Text and photography by Chris Willson/Travel 67  on Flickr

(Source: flickr.com)

yajifun:

kakkoku rasha yofukuji rui (Advertising of Yard-goods wholesale store)
各國羅紗洋服地類并ニ附属品 二代目長谷川貞信? 西垣武一 旧蔵 年代不詳

yajifun:

kakkoku rasha yofukuji rui (Advertising of Yard-goods wholesale store)

各國羅紗洋服地類并ニ附属品 二代目長谷川貞信? 西垣武一 旧蔵 年代不詳

もう一度聞く。あらゆるすべての皆さん、今年の夏はどうでしたか?

何らかのフレッシュを何らかのスピーカーから聞いたかね?

つまり、答えはこうだ。

あなたが、夏に、「ああ…懐かしいな。」と思って、うっとりしている瞬間、あなたは、過去から流れている時間だけを生きているのではない

初めて聞く曲と、何千回も聞いた曲には、未来からの同じ時間が流れている。

夏という季節は、神々が我々にそのことを教えるために作った季節なんだ

「神々が作った季節。」 - djapon の 『FEEDBACK DIALY』

「粋な夜電波」第170回放送は、スペシャルウィークに緊急生放送。
人気企画「ソウルBAR〈菊〉」の特別版で、日本語の曲のみをオンエア。

誰にも石を投げず誰にも石を投げられていない。もちろん、それは特別なことだ。私たちはまたいつか、ほんとうは悪くないことで石を投げられるだろう。不見識のために石を投げることもあるかもしれない。けれどもそのときには今日のことを思い出そうと私は思う。

(Source: aquaticwonder)

(Source: excdus, via aquaticwonder)

友だちがいないのか、と彼女はつぶやく。それはいけないねえ。友だちがいないと、自分しか見えないものねえ。自分と、自分っぽい人しか見えない。自分しかいない世界で自分を王さまにするには、景色のなかから邪悪な動物を探して血祭りに上げなくてはいけない。
ねえサヤカ、でも私は彼らと友だちになんかなりたくない、サヤカもそうでしょう。それならどうやって私たちはこのような世界を変えることができるんだろう。

店長 バカめ!ソウルバーに数字は関係ない。レコードの枚数と傷だらけのハート、そして付き出しのピーナッツの数以外はな!

真に平和で生きやすい問題のない世界なんか何処にも無い。つまり、ソウルバーが存在しない世界など、無現行の平行世界を全部集めても原理的には存在しないということだ。

ベーアー 最後何を言ってるのか、よくわかんなかったけど、安心しました。

「神々が作った季節。」 - djapon の 『FEEDBACK DIALY』

「粋な夜電波」第170回放送は、スペシャルウィークに緊急生放送。
人気企画「ソウルBAR〈菊〉」の特別版で、日本語の曲のみをオンエア。

キュートなところと容赦ない怖さが同居しているのがこのバンドの魅力だよなぁと思ってたんだけど、
「かわいさ」は残んなくてももう良いか、と吹っ切れたような、ド真ん中剛速球なアルバム。
打ちのめされた。
音楽的には依然ポップなフォークだけど、俺の頭ん中ではRage Against The Machineとかの近くの棚に置いてある。

かなしいうわさ

ハンバートハンバート/むかしぼくはみじめだった

thekimonogallery:

They’re not teenagers, mutants, ninjas, or turtles, but if you’re looking for the real masters of the bo, sai, katana or nunchaku you need to get on the first flight to Okinawa.  

Hokama sensei with bo

Tomimoto sensei with sai

Hamamoto sensei with katana

Kuniyoshi sensei with nunchaku

Okinawa is the birthplace of karate. It is also the home of kobudo which uses weapons including the bo staff, nunchaku and sai. Hamamoto is a master of iaido.

Images are from the Karate Masters Portrait Project documenting the iconic sensei of Okinawa.  February, 2013, Japan. Text and photography by Chris Willson/Travel 67  on Flickr

(Source: flickr.com)

yajifun:

kakkoku rasha yofukuji rui (Advertising of Yard-goods wholesale store)
各國羅紗洋服地類并ニ附属品 二代目長谷川貞信? 西垣武一 旧蔵 年代不詳

yajifun:

kakkoku rasha yofukuji rui (Advertising of Yard-goods wholesale store)

各國羅紗洋服地類并ニ附属品 二代目長谷川貞信? 西垣武一 旧蔵 年代不詳

もう一度聞く。あらゆるすべての皆さん、今年の夏はどうでしたか?

何らかのフレッシュを何らかのスピーカーから聞いたかね?

つまり、答えはこうだ。

あなたが、夏に、「ああ…懐かしいな。」と思って、うっとりしている瞬間、あなたは、過去から流れている時間だけを生きているのではない

初めて聞く曲と、何千回も聞いた曲には、未来からの同じ時間が流れている。

夏という季節は、神々が我々にそのことを教えるために作った季節なんだ

「神々が作った季節。」 - djapon の 『FEEDBACK DIALY』

「粋な夜電波」第170回放送は、スペシャルウィークに緊急生放送。
人気企画「ソウルBAR〈菊〉」の特別版で、日本語の曲のみをオンエア。

"誰にも石を投げず誰にも石を投げられていない。もちろん、それは特別なことだ。私たちはまたいつか、ほんとうは悪くないことで石を投げられるだろう。不見識のために石を投げることもあるかもしれない。けれどもそのときには今日のことを思い出そうと私は思う。"
"友だちがいないのか、と彼女はつぶやく。それはいけないねえ。友だちがいないと、自分しか見えないものねえ。自分と、自分っぽい人しか見えない。自分しかいない世界で自分を王さまにするには、景色のなかから邪悪な動物を探して血祭りに上げなくてはいけない。"
"ねえサヤカ、でも私は彼らと友だちになんかなりたくない、サヤカもそうでしょう。それならどうやって私たちはこのような世界を変えることができるんだろう。"
"

店長 バカめ!ソウルバーに数字は関係ない。レコードの枚数と傷だらけのハート、そして付き出しのピーナッツの数以外はな!

真に平和で生きやすい問題のない世界なんか何処にも無い。つまり、ソウルバーが存在しない世界など、無現行の平行世界を全部集めても原理的には存在しないということだ。

ベーアー 最後何を言ってるのか、よくわかんなかったけど、安心しました。

"
"キュートなところと容赦ない怖さが同居しているのがこのバンドの魅力だよなぁと思ってたんだけど、
「かわいさ」は残んなくてももう良いか、と吹っ切れたような、ド真ん中剛速球なアルバム。
打ちのめされた。
音楽的には依然ポップなフォークだけど、俺の頭ん中ではRage Against The Machineとかの近くの棚に置いてある。"
"

もう一度聞く。あらゆるすべての皆さん、今年の夏はどうでしたか?

何らかのフレッシュを何らかのスピーカーから聞いたかね?

つまり、答えはこうだ。

あなたが、夏に、「ああ…懐かしいな。」と思って、うっとりしている瞬間、あなたは、過去から流れている時間だけを生きているのではない

初めて聞く曲と、何千回も聞いた曲には、未来からの同じ時間が流れている。

夏という季節は、神々が我々にそのことを教えるために作った季節なんだ

"

About:








web tracker
web tracker

Following:

TSM
Ok.
POX
zup
Y